用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ランチャー】

  • ランチソフト

 かつて、主に初心者向けに用意されていたメニューソフト。特に、家庭向けのパソコンやソフトに、そのメーカー独自のランチャーが組み込まれていることがあった。

 現在のウィンドウズやマックOSは、非常に使いやすくなったといわれる。それでも、初めてパソコンにさわる人には分かりにくいことも多かった。また当初は、ダブルクリックが苦手な人も少なくなかった。

 ランチャーは、こうした人でも簡単に操作できるように工夫されていた。パソコンやソフトを起動すると、自動的にランチャーが起動する。そして、使いたいソフトや機能のボタンを一度だけクリックすれば起動するので初心者にも分かりやすい。

 ただし問題もあった。メーカーによって採用しているランチャーが違うので、機種やソフトが変わると操作方法が変わってしまう。同じウィンドウズを使っていても、別のパソコンを使うときは違う操作方法を覚えないといけない。

 また、アプリケーションソフトを追加した場合は、自分でランチャーのメニューに登録する必要があった。もちろん、ウィンドウズの「スタート」メニューからたどって起動することもできる。しかし、そうすると結局は通常の操作方法も覚えないといけないことになる。

 現在は、多くの人がウィンドウズやマックOS 標準の使い方に慣れているため、ランチャーを見る機会が減っている。

らの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top