用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【モデム】

 普通の電話回線(アナログ回線)を使ってインターネットに接続するとき必要な機器。今、自宅のパソコンでこの画面を見ている人の中にも、モデムのお世話になっている人がいると思う。

 パソコンの中のデータは、すべてデジタル形式になっている。ところが普通の電話回線は通常、アナログ形式の音声しか送ることができない。そのため、デジタルのデータをアナログに変換するのがモデムの役目だ。

 逆に、アナログ形式で送られてきたデータをデジタル形式に戻す仕事もしている。いわば、デジタル語とアナログ語の通訳のような役割だと考えればいい。

 モデムの性能は、ほとんど通信速度で決まる。いろいろと細かい規格があるけど、最近のモデムなら必要な機能を満たしている。むかしは、通信速度が2400bps(2.4Kbps)でも高速といっていた。しかし、インターネットの普及とともにどんどん通信速度が上がり、今は56Kbpsが普及している。詳しくは、56Kモデムのページで。

 モデムの形も、いろいろある。今は、ほとんどのパソコンにモデムが内蔵されている。デスクトップパソコンの場合、モデムカードと呼ばれる基板(拡張ボード)が、パソコン本体に組み込まれている。

 以前はモデムを内蔵していないパソコンも多く、その場合は外付けモデムを使うのが一般的だった。大きさは単行本一冊くらい。接続するケーブルを変えれば、どのパソコンでも使える。ノートパソコンの場合も、今はほとんどモデム内蔵になっている。内蔵していない場合は、PCカード型のモデムを使うのが一般的だ。

 また、今のモデムは、ほとんどがFAXモデムになっている。これは、パソコンを使ってFAXを送受信する機能に対応したモデムという意味。FAX機能を使うには、別途、FAXソフトが必要だ。

 最近は、CATV(ケーブルテレビ)を使ったインターネット接続サービスもある。この場合、ケーブルモデムという機器を使うけど、これは電話回線に対応した従来のモデムとは別もので流用はできない。

 ADSLを利用する場合は、ADSLモデムを使う。これも従来のモデムとは異なり流用はできない。

もの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top