用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【メモリー効果】

 一部のバッテリーに起こる、困った現象。

 バッテリーは、繰り返し充電して使うことができる。しかし、ニッカド電池の場合、中途半端に使った状態で充電すると、見かけ上の容量が少なくなることがある。これを一般に、メモリー効果と呼んでいる。対策としては、ほぼ使い切ってから充電するように心がけるといい。

 ただし現実には、その充電レベル(メモリー効果が起こる位置)に来たとき電圧が少し下がるだけでバッテリーとしては生きている、らしい。ところがパソコンは、データを保護するために一定の電圧を必要とするので、電圧が下がった時点でバッテリー切れと判断してしまう。

 専用の放電機などを使って、一度、十分に放電させると復活することもあるという。ただし放電しすぎると、逆に過放電といってバッテリーを傷めてしまう。

 ニッケル水素電池でも、ニッカド電池ほどではないけどメモリー効果が起こる可能性がある。以前は、ニッケル水素電池を使っているノートパソコンが多かったので気をつけよう。

 リチウムイオン電池なら、メモリー効果の心配はまずない。そのため普段からノートパソコンを持ち歩いて、外出先で使っては充電するような人は、リチウムイオン電池を使った機種を選ぶといい。最近は、リチウムイオン電池が主流になっている。

めの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top