用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【メガヘルツ】

  • MHz

 パソコンの CPU は、名前の後ろに数字が付いている。そしてかつては、その単位として MHz が使われていた。たとえば、ペンティアムIII 800MHzとか、パワーPC G4 500MHzといった感じ。

 この数字はクロック周波数といって、同じ名前の CPU なら数字が大きいほど高性能で計算が速いとされている。

 MHz の Hz は、1秒間の振動数を表す「ヘルツ」で、ラジオの周波数などでもおなじみ。アタマの M は「メガ」で、100万という意味。つまり 100MHz なら、1秒間に1億回も振動を発するという意味だ。といっても、もちろんパソコンやCPUがグラグラ揺れるわけではない。

 では、いったい何で 500MHz とか 800MHz というとんでもない回数の発振をしているかというと、これでタイミングを取りながら CPU が計算などの処理を行っている。ここから先はクロック周波数の説明を見てほしい。

 なお、CPU のクロック周波数は上がり続け、2000年には 1000MHz を超える CPU が登場した。これを機に、もう一段上のGHz(ギガヘルツ、1000MHz=1GHz)という単位が使われるようになった。

めの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top