用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マルチメディア】

 文字や数字、画像(写真やイラスト)、音声(効果音や音楽や声など)、映像(動画)をコンピュータで、まとめて扱う技術。しかし一般的には、音が出ますとか、絵が動きます、くらいの意味で使われることも多い。

 分かりやすい例としては、かつて人気があったゲームや図鑑のCD-ROMを思い浮かべてもらうといい。いわゆるマルチメディア作品と呼ばれたものだ。こうしたCD-ROMをパソコンに入れて再生すると、絵や写真が表示されて、文字も出てくる。BGMや声による説明も流れる。動く映像が出ることもある。ということで、最初に書いた要素が入っている。

 今は、インターネットのホームページもマルチメディアになっている。この用語辞典は文字が主体だけど、ホームページによっては音が出たり、専用ソフトを追加するとテレビ中継的な映像を見ることもできる。

 マルチ(multi)は「たくさんの」という意味で、メディア(media)は「媒体」。媒体は「あいだに立って伝えるもの」という意味。この場合のメディアは、具体的には文字や画像や音や映像のことだと思っていい。これらを通じて、言葉とかイメージが伝わるわけだ。

 だけど冷静に考えると、文字とか画像とか音とか映像なんてものは昔から身の回りにある。それなのに、なんでマルチメディアなんて言葉が注目されたかというと、以前はコンピュータで画像や音を扱うのは大変なことだったんだ。動く映像なんて、とんでもなく大変。

 しかし、だんだんコンピュータの性能が上がって、パソコンで画像や音や映像を比較的簡単に扱えるようになってきた。で、もともとマルチメディアという言葉は、これらを扱うための技術用語だった。それが時代のキーワードのようになって一般に普及して一人歩きした感じ。

 そして今は、マルチメディアに対する厳密な定義はない、ということになっている。ただコンピュータで、冒頭のような複数の要素をまとめて扱っていればマルチメディアと呼ばれる。

 それと「コンピュータで」という部分も大切で、つまり文字も画像も音も映像もデジタル化されているということだ。従来のテレビやビデオも、音や映像が出るけど、これはデータがデジタル化されてないから普通はマルチメディアとは区別される。

 ただし最近は、デジタル放送が普及しつつある。この場合は、データがデジタル化されているし、複数の情報が同時に送受信されるのでマルチメディアとして語られることが多い。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top