用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マザーボード】

 パソコン本体に必ず入っているメインの基板。

 この上に、CPU を取り付ける場所やメモリーのスロット、その他もろもろの部品がビッシリと並んでいる。内蔵のハードディスクや 光学ドライブを接続するコネクター、拡張ボードを取り付ける拡張バスもマザーボード上にあるのが普通だ。

 デスクトップパソコンの場合、本体を開くと簡単にマザーボードを見ることができる。とにかく一番大きな基板がそうだ。注意して見れば、どれが CPU か、どれがメモリーの部品かも分かるだろう。

 一般的なウィンドウズパソコンは、自分で部品を交換してアップグレードできるという特徴がある。大きなパソコン店や、マニアックな専門店へ行くと、マザーボードも部品として売っている。CPU やメモリー、ハードディスクなども単体で売っている。この中から好きなものを組み合わせて、自作パソコンを作ることもできる。

 どんな CPU を使えるか、どのくらいメモリー容量を増やせるか、どんな拡張ボードを差せるかもマザーボードによって決まる。そのためマザーボードが時代遅れになったら、そのパソコンの機能アップも限界ということになる。このあたり、チップセットの説明も参考にしてほしい。

 ノートパソコンにも必ずマザーボードが入っている。しかし、簡単に開けて見ることはできない。また、部品を足したり変えたりして性能アップすることも基本的にできない。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top