用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マイモ】

  • MIMO

 無線LAN(WiFi)や携帯電話のデータ通信など、無線通信を高速化する技術。MIMO(マイモ)は、Multiple Input Multiple Output の略。

 これらの無線通信は、電波を発信する側にも受信する側にもアンテナがあって、その間で 1対1 で電波を送受信するのが基本だった。しかし、この状態だと通信速度がアタマ打ちになりやすい。また、通信が不安定になると速度が下がったり切れやすくなったりする。

 MIMO は、発信側にも受信側にも複数のアンテナを搭載して、各アンテナ間で同時に通信を行う。その結果、通信速度が上がり、通信が安定して切れにくくなる。さらに、無線LAN では通信距離を伸ばす効果もある。

 たとえていうなら、従来は片側1車線だった道路を片側2車線や 4車線にする感じ。車線が増えた分、同時に走れる車の数が増える。また、工事で一部の車線を閉鎖しても道路自体を通行止めにしなくて済む。

 MIMO は当初、無線LAN を高速化する技術として普及した。今は、携帯電話の高速サービス(LTE)や WiMAX へと拡大されている。

 また、アンテナの数、というより同時に通信できる経路の数も、2本、4本、8本と増えて、4本の場合は 4×4 MIMO、8本の場合は 8×8 MIMO と呼ばれる。さらに将来的には、100本以上のアンテナを使ったマッシブMIMO という方式も実用化する見込み。

 なお実際には、無線LAN ならアクセスポイント(親機)と子機(パソコンやタブレットなどの端末)の間で、携帯電話なら街中に設置された基地局と端末(電話機)の間で、それぞれ上り下りの通信ができる。つまり、どちらの機器も発信側にも受信側にもなる。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top