用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ポータルサイト】

 インターネットに接続したとき、最初に表示されるホームページ。しかも、そのホームページの利用者が非常に多くて、いろいろなホームページやサービスなど、インターネットへの入口になっている場合にポータルサイトと呼ばれる。

 ポータル(portal)は、堂々とした入口、正面玄関といった意味。

 ポータルサイトの例として、ヤフーや goo など人気の高い検索ページや、マイクロソフトのMSN などがある。

 通常、インターネットに接続してブラウザーを開くと、いつも決まったホームページが表示されるようになっている。しかし設定を変えれば、別のホームページが自動的に表示されるようになる。

 でも普通は、そんなに頻繁に変えるものではない。気に入ったホームページがあれば、いつもそこを表示して、それから別のホームページに移っていくと思う。

 インターネットの初心者は、最初に表示されるホームページを変更できることを知らないことも多いだろう。テレビに接続して使うインターネット端末みたいなものだと、最初は特定のホームページしか表示できないなんてケースも予想できる。

 このようにして、多くの人が頻繁に見るホームページが、実質的にポータルサイトになる。そして、定番のポータルサイトを作れば、そこから発展して、いろいろなサービスや事業展開ができると考えられてきた。

 たとえば、ニュースや占いなどを載せてたくさんの人に定期的に見てもらう。そうすれば広告を掲載できる。あるいは、オンライン・ショッピングやネットオークションのコーナーを作って手数料を取ることもできる。

 最近は、総合的なポータルサイトではなく、バーティカルポータルと呼ばれる特定の分野に絞ったポータルサイトもある。たとえば、ゲーム情報のポータルサイトとか旅行のポータルサイトといった具合だ。この場合、このホームページを見ればゲームや旅行の情報がすべて分かります、といったサービスを目指している。

 また、企業が社内向けポータルサイトを作っているケースも増えている。これは、社員が定期的にチェックすれば、社内のさまざまな情報が分かるというもの。

ほの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top