用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ホワイトバランス】

 デジタルカメラやデジタルビデオカメラに付いている機能のひとつ。いろいろな光の中で、白を正しく白く撮るために使う。その結果、肌や服の色も自然な色に撮れる。逆に上手に使うと、夕日をしっかり赤く撮ったりすることもできる。

 たとえば、白熱電球の下で写真やビデオを撮ると全体が赤っぽくなる。蛍光灯の下で撮ると、全体に緑がかることが多い。早朝や曇りのときは青みが強くなる。これは、そのときどきの光の状態が異なるため。できれば色温度のページも参照してほしい。

 人間は、すぐに目が慣れるので、いろいろな光の中でも白が白く見える。しかし、写真やビデオに撮ると、赤っぽかったり緑がかったり青みが強くなったりしてしまう。これを防ぐために、ホワイトバランスという機能を使って色あいを調整する。

 たとえば、白熱電球の下で撮るときは、赤っぽい白が自然な白に写るように調整する。普通はカメラに数種類の設定が用意されているので、その中から状況にあったものを選べばいい。蛍光灯の下では「蛍光灯」に、早朝や曇りのときは「曇天」に設定する。これを、プリセットホワイトバランスという。

 高性能なカメラだと、その場で白い紙や壁にレンズを向けてホワイトバランスを手動で設定することもできる。この機能は、マニュアルホワイトバランスという。

 とはいえ普通は、オートホワイトバランス(AWB)に設定しておけば、おおむね正しい色で撮れる。ところがオートで夕日を撮ると、せっかくの赤い光が補正されて全体が白っぽく昼間のようになることが多い。また、白熱電球の暖かい雰囲気や、朝の青っぽい空気感を活かしたいこともある。こういった場合は、あえてホワイトバランスを「晴天」や「昼光」にして撮るといい。

 なお今は、デジタルカメラの写真をパソコンに取り込んでフォトレタッチソフトで修正することが多い。こうした作業の中で、ホワイトバランスの狂いを調整することもできる。

ほの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top