用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ペタバイト】

  • PB

 巨大な記憶装置の記憶容量などを表すとき使う単位。基本になるのはバイトという単位で、半角の数字やアルファベット1文字を記録するのに必要な情報量が1バイト、全角のカナや漢字(全角文字)は2バイトの情報量になる。

 そして、1024バイトで1KB(キロバイト)、1024KBで1MB(メガバイト)、1024MBで1GB(ギガバイト)、1024GBで1TB(テラバイト)、1024TB で1PB(ペタバイト)になる。つまり1PBは、1,125,899,906,842,624バイトになる。約1000兆バイトだ。

 1000ではなく1024で切り上がって行くのは、コンピュータの都合によるもの。普通は、約1000バイトで1KBバイト、約1000KBで1MB、約1000MBで1GB、約1000GBで1TB、約1000TBで1PBだと思って差し支えない。このあたり、詳しくはにごろのページを見てほしい。

 現在、一般的なパソコン用ハードディスクの容量は数百GBくらい。ようやく、一部の高性能マシンで TB という単位が見えてきたところだ。しかし、超大型の記憶装置ではすでに PB という単位が使われている。

への一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top