用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ペイパークリック】

  • PPC
  • クリック課金

 実際にクリックされた回数に応じて広告料金を払うということ。ペイパークリック(Pay per Click)を略して PPC と書くこともある。

 一般に広告は、掲載するために費用がかかる。新聞や雑誌の広告でも、テレビのCMでも不特定多数の人に向けて広告を発信する。それに目をとめてくれるかどうかは読者や視聴者しだい。

 ホームページ上に掲載されるインターネットのバナー広告も、基本的には何回表示されたかによって広告料金が払われている。その広告を、じっくり見るかどうかは利用者しだいだ。

 一方、検索サイトで表示される検索連動型広告は、表示された回数ではなくクリックされた回数で広告料金が払われる。つまり、単に表示されただけではなく、それを見た人がクリックというアクションを起こすことで初めて料金が発生する。そのため、検索連動型広告のことをペイパークリック型広告と呼ぶこともある。

への一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top