用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ベアボーンキット】

 自作パソコンなどのベースとして、半製品の状態で売られているパソコン本体のこと。

 ウィンドウズパソコンの仕様は世界中で標準化されている。そのため、好きな部品を買い集めて自作パソコンを作ることができる。また、パソコン店が独自仕様のパソコンを作ってショップブランド品として販売していることもある。この場合も、CPUの性能やハードディスクの容量などを、自分の希望に合わせて選べることが多い。

 ベアボーンキットは、パソコン本体に必ず必要なケース(本体の箱)、マザーボード、電源ユニット、フロッピーディスク・ドライブがセットになっている。

 あとは、欲しい性能と予算に合わせてCPUを選び、必要な容量のメモリーとハードディスクを買って、自分で取り付ければいい。これらの部品も、ベアボーンキットを扱っているパソコン店で売っている。

 ほかにも、パソコン本体にCD-ROMドライブ、グラフィックボード、サウンドボードなどを組み込むのが普通だ。これらも、必要に応じて自分で選んで取り付ければいい。

 ただしグラフィックボードとサウンドボードは、マザーボード上に必要な部品が直付けされていて、追加しなくていい場合もある。このあたりは、ベアボーンキット(というかセットになっているマザーボード)の仕様しだい。もちろん、CD-ROMドライブの代わりに、CD-R/RWドライブやDVD-ROMドライブを付けてもいい。

 さらに興味のある人は、自作パソコンのページで。

への一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top