用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【プログレッシブ・エンハンスト】

 現在、インターネットのウェブページを閲覧するブラウザーとして、多くの人がマイクロソフト社のインターネット・エクスプローラを使っている。

 しかし以前は、ネットスケープ・ナビゲーターが普及していたし、今はアップル社のサファリやグーグル社のグーグルクローム、モジラ財団のファイアフォックスなどを使っている人もいる。

 さらに、多くのブラウザーにはウィンドウズ版、マック版、リナックス版といった種類があるし、同じブラウザーでもバージョンによって対応する機能が違ったりする。

 そのため、同じウェブページを表示してもブラウザーによってレイアウトが崩れたり、細かな機能が無効になってサイトの製作者が意図したとおりに動かないという現象が起こる。

 そこで、ブラウザーの種類やバージョンが違っても同じように表示され、同じように機能するための工夫や技術が生み出されててきた。これらを、まとめてクロスブラウザーという。

 しかし最近は、どのブラウザーでも同じように表示させるのではなく、ブラウザーの機能に合わせて表示内容を変えることで対処しようという考え方が広まっている。これを、プログレッシブ・エンハンストという。

 もちろん、ウェブページの閲覧者には正しい情報が提供されなければいけない。そのため、古いブラウザーで開いても必要な内容は表示される。操作や機能にも支障はない。

 しかし、新しく高機能なブラウザーでページを開いた場合は、より凝ったデザインや細かな機能が付加された、いわゆるリッチなコンテンツが提供される。これが、プログレッシブ・エンハンストの基本だ。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top