用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ブリッジ】

  • ブルーター
  • ルーター

 ルーターもブリッジも、コンピュータ・ネットワークを相互接続するとき使う機器。両方の機能を併せ持ったブリッジルーターという機器もあって、これを略してブルーターとも呼ぶ。

 ルーターもブリッジもブルーターも、本来はシステム構築やシステム管理の専門家が扱うもので、一般のパソコンユーザーが触ることはまずなかった。しかし最近では、ダイヤルアップルーターやブロードバンドルーターといった機器が普及して、単に「ルーター」といったときこれらを指すことも多い。そして、これらは一般のパソコンユーザーが自分で設定することがある。

 複数のパソコンやコンピュータを相互接続したコンピュータ・ネットワークを LAN という。LANを組むと、他のパソコンに保存されているデータを呼び出したり、電子メールを送受信できるようになる。

 LAN と LAN を相互接続すれば、もっと便利になる。たとえば、別のコンピュータ・ネットワークにつながったパソコンとも電子メールやデータを交換できる。このように、LANと LAN を接続するときルーターかブリッジという機器が必要になる。

 ルーターは、ネットワーク上を流れるデータの行き先をみて、同じ LAN の中にあるパソコンへ送るデータか、他のネットワークへ送り出すデータか見分ける働きをしている。外へ送る場合は、どのような経路で送ると効率的かといった判断もする。

 ブリッジも基本的には同じような役割をする。しかし、もっと単純に LAN を連結するような場合に使うことが多い。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top