用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ブラウザー】

 インターネットのウェブサイトを見るためのアプリケーションソフト。単に「ブラウザー」と言った場合、本来は「閲覧するためのモノ」という意味なので、正確にはインターネット・ブラウザーとかウェブブラウザーという方が適切だろう。

 インターネットが一般に普及しはじめた当初、まずNCSAモザイクというブラウザーが有名になった。その後、ネットスケープ・コミュニケーションズ社のネットスケープ・ナビゲーターが普及した。

 現在は、マイクロソフト社のインターネット・エクスプローラが事実上の標準になっている。このほか、ファイアフォックスやオペラといったブラウザーも一定の人気がある。また、マック用の OS X にはサファリというブラウザーが標準装備されている。

 以前は、インターネット・ブラウザーも市販ソフトとしてパッケージ販売されていた。しかし現在、インターネット・エクスプローラは、ウィンドウズとの融合が進み、単独のソフトというより基本ソフトの一部になっている。

 また、インターネット上でファイル転送(FTP)やテルネットといった機能を使うには、それぞれ専用ソフトを必要とした時期もあるけど、今はブラウザーの画面上で操作できる。

 さらに、JavaScript やフラッシュといった技術に対応し、これらを使って作成されたアプレットを実行する機能も装備している。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top