用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【フリーアドレス制】

 社員の席を固定しない制度。昔は「席がなくなる」といえば会社をクビになるという意味だったけど、今や文字どおり席のない会社が増えてきた。

 会社へ行っても、自分の席は決まっていない。社員食堂や図書館のように、空いている席に座って仕事をする。個人の資料はロッカーに入れておいて、必要なときだけ持ってくる。

 あとは、好きな席でパソコンを社内ネットワーク(LAN)につなげば、必要な情報にアクセスできる。フリーアドレス制はビジネス形態に関する用語で、IT系の用語というわけではないけど、このようにネットワークの整備が不可欠という点では情報システムとも関係がある。スケジュール管理も、グループウェアなどを利用して共有する必要がある。

 また、個人の電話もなくなるので、携帯電話やPHSなど通信システムの整備も必要だ。

 フリーアドレス制を導入するのは、営業部門のように社員が会社にいる時間が短い部署が多い。全員分の席を確保する必要がなく、何割か少ない席数でいいので、オフィスの費用を節約できる。ミーティングなども関係者が空いている席に集まればいいので柔軟に対応できる。また、毎日異なる人と席を接するため新しい交流や刺激が生まれる。

 その反面、やはり固定した席がないことに抵抗感を示す人もいる。また、特定の人が特定の場所を占領して事実上、自分の席のように使うことを防止する方法も考えないといけない。

 最近では、フレックスタイム制の普及などとあいまって、営業部門だけでなく全社的にフリーアドレス制の導入を検討する企業も出てきた。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top