用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【フラグメンテーション】

  • デフラグ
  • 断片化

 デフラグは、ハードディスクを良い状態に保つための機能のひとつ。

 この機能は、最近のウィンドウズには標準装備されている。「スタート」から「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」を開いて選んでもいいし、「マイコンピュータ」からハードディスクのプロパティを開いて「ツール」の画面を選んでもいい。後者の場合、「最適化」がデフラグにあたる。

 デフラグは、ハードディスクの中のデータの断片化を解消する機能。断片化というのは、ハードディスクの中にムラができたり、データが分割されてあっちこっちに保存されている状態で、これをフラグメンテーションともいう。

 たとえば、ソフトのインストールとアンインストール、データの保存と削除を頻繁に繰り返していると、ハードディスクの中でデータが記録されている部分と記録されていない部分が混ざって、いわば虫食い状態のようになる。そのまま容量ギリギリまで使うと、後から入れたソフトや大きなデータを、ひとまとまりで保存できない。そのため、あっちこっちに分割して保存されてしまう。それでも起動できるけど、少し時間がかかったりして効率が悪い。

 デフラグを行うと、同じ種類のデータを集めて、順番にキッチリ詰めて保存し直してくれる。特にウィンドウズ98以降は、よく使うソフトやデータを効率よく起動できるように配置してくれるので、さらに起動時間が短縮される効果もある。

 というわけで、デフラグは定期的に行う方がいい。システムツールの中には、スキャンディスクという機能も入っている。両方を同時に行うと、なおいい。ただし、マッキントッシュには今のところ、どちらの機能も標準装備されていない。必要な人は市販ソフトを使おう。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top