用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【フチなし印刷】

 読んで字のごとく、紙のフチに余白ができないように印刷すること。あるいは、そのように印刷できる機能。

 普通のプリンタは、紙の端まで印刷することができない。周囲に、数ミリ程度の余白ができる。しかし最近は、余白なしで紙の端まで印刷できるインクジェットプリンタが増えてきた。

 基本的には、自動的に画像を拡大して紙よりひとまわり大きく印刷する。そのため、写真などは周囲が少し切れる。プリンタ自体も、紙のフチまで印刷できるように工夫されている。ハガキサイズだけでなく、A4サイズでもフチなし印刷できるので、迫力ある写真を楽しめる。

 なお、カラーパンフレットや雑誌でも、ページのフチまで写真が印刷されていることが多い。こうした印刷物を作るときは、ひとまわり大きな紙に印刷して、あとから周囲を切り落としている。このことから考えても、インクジェットプリンタのフチなし印刷はかなり画期的だと思う。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top