用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ファクスソフト】

  • FAXソフト

 パソコンを使って、ファクスを送ったり受けたりするためのソフト。FAXソフトを使うには、FAXモデムも必要だ。ただし今は、ほとんどのモデムがFAX機能に対応している。

 FAXソフトでファクスを送る場合、送ることができるのは基本的に、パソコンで作った文書やイラストなどパソコンのデータだけ。具体的には、自分のパソコンにつながったプリンタで印刷する代わりに、電話回線の向こうにある(相手の)FAX機で印刷する感じになる。だから自分の手元には紙が残らない。

 紙に書かれた原稿や、すでに印刷されている原稿を送るには、それをパソコンに入力しないといけない。あるいは、スキャナという機器で読み込んで画像データにする。つまり、まったく現実的ではない。紙の原稿を送りたいなら、普通のFAX機の方がずっと便利だ。

 受信するときは、基本的にはパソコンの電源が入ってファクスソフトも起動していないといけない。しかし、それでは24時間、パソコンの電源を入れっぱなしにしておくことになる。

 そのため、スタンバイなどパソコンが休止している状況にしておき、電話の呼び出しがあると自動的にパソコンとFAXソフトが起動するようにしているケースが多い。

 受信したファクスは、まずパソコンの画面で読む。いらなければ、そのまま削除できるし、とっておきたければ普通のファイルと同じようにハードディスクなどに保存する。紙で保存したい場合は、自分で印刷しないといけない。

 なお、電話回線をアナログ回線からISDNに変えると、一般のFAXソフトは使えなくなる。今は、ISDN対応のFAXソフトが出ているので、それを使う必要がある。FAXモデムをTAのアナログポートに接続する方法もあるけど、こうすると通信速度がモデムの性能まで落ちてしまう。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top