用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ファイル】

 会社や学校でファイルといえば、紙の資料などを束ねた冊子やその入れ物のこと。ところがパソコンの場合、かなり違う。

 パソコンの世界でファイルというと、ひとかたまりのプログラムやデータを指す。つまりソフトや、ワープロ文書、グラフィックソフトで描いたイラストなど、すべてがファイル。ソフト自体もプログラムファイルだし、アプリケーションソフトで作った文書や画像や住所録、デジカメの写真などはデータファイルという。

 ウィンドウズやマックを使っていると、ハードディスク(ドライブ)の中にたくさんのアイコンが見える。そのひとつひとつが、すべてファイルだ。ただし、黄色い四角のアイコンは、フォルダといってアイコンを整理するための入れ物になっている。

 ファイルは、テキストファイルとバイナリーファイルに分類できる。テキストファイルは、テキストデータとほぼ同じ意味。そしてテキストファイル以外は、すべてバイナリーファイルになる。つまり圧倒的にバイナリーファイルが多い。

 ほかにも、いろいろなファイル形式というものがある。たとえばウィンドウズでは、うしろに「.exe」が付いているファイルは実行ファイル(エグゼ・ファイル)といって起動可能なプログラム(ソフト)だ。このように、それぞれのファイルの意味や性格が決まっている。

 データファイルにも、いろいろある。たとえば画像ファイルの場合、かつてウィンドウズではBMPが標準のファイル形式で、マックではPICTが標準だった。インターネット上で扱う画像は、たいていGIFかJPEGというファイル形式だったけど、今は PNG も使われている。

 こうしたデータファイルの形式のことを、データ形式とかデータフォーマットということもある。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top