用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ヒストグラム】

 本来は、統計などに使う分布グラフのこと。しかし、パソコン関連でヒストグラムというと、画像データの明るさの成分を示すグラフを指すのが普通だ。

 具体的には、フォトレタッチソフトの一機能として付いている。また、高機能なデジタルカメラにもヒストグラムの表示機能が付いていることが多い。

 フォトレタッチソフトやデジタルカメラでヒストグラムの画面を開くと、画像のなかの明るさの分布がグラフとして表示される。普通は、左が暗くて右が明るい。つまり、左側は黒っぽい部分の分量を示していて、右側は白っぽい部分の分量を示している。

 通常、適正露出、つまり丁度いい明るさで撮影されている画像は、左右の端は低くて真ん中あたりが高い山形のグラフになっている。左端は真っ黒で階調がなくなっているわけだし、右端は真っ白でやはり階調がなくなっているので、グラフが両端に山が付かない方がいい。

 真ん中の山の形は、被写体によって異なる。山が左に偏っていて、左端が切れている場合は、露出不足つまりアンダーな写真といえる。山が右に偏っていて、右端が切れいている場合は、露出オーバーの写真といえる。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top