用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【パブリック・クラウド】

  • クラウド・コンピューティング

 クラウド・コンピューティング(cloud computing)のクラウドは「雲」のこと。「雲のようなコンピュータ・ネットワーク」あるいは「雲のようなコンピュータ・ネットワークを使う」といった意味だ。

 インターネット・サービスの概念図などで、インターネットを雲の絵で表現しているのを見たことがあると思う。インターネットは今や、非常に複雑で捉えどころのない巨大な通信網になっている。そのため、漠然とした雲の絵で表現されることが多い。ここからクラウド・コンピューティングという呼び名ができたとされる。

 従来、コンピュータが使うソフトやデータは、そのコンピュータの中に保存されていて、そのコンピュータの中で処理されていた。しかし LAN やインターネットなどのネットワークが広がって、サーバーと呼ばれる共用コンピュータにデータが保存されたり、サーバーでデータが処理されるケースが増えてしている。

 さらに最近では、ASP や SaaS といって業務用ソフトもサーバー内に保管されていて、それを期間契約で借りて使うスタイルが広まっている。データの保存も処理もサーバーで行い、手元のパソコンには結果が表示されるだけだったりする。

 その結果、パソコンでも PDA でも携帯電話でも、ネットワークにアクセスできる機器があれば、いつでもどこでもさまざまなサービスを利用できる状況になった。

 会社のサーバーにリモートアクセスしたり、ASP や SaaS を利用するときは接続相手が決まっていたけど、最近ではどのサーバーに接続しているのか、どんなソフトを使っているのか意識することなく利用できるサービスが増えている。それどころか、アクセスが増えたら一時的に複数のサーバーに振り分けたり回線を増強したりすることもできる。

 その結果、インターネットはますます雲のように捉えどころのない存在になってしまった。こうした状況を指して、クラウド・コンピューティングといわれるようになった。

 これは、一般の利用者にとっては複雑なネットワークのしくみを意識しなくていいというメリットになる。しかし同時に、何かトラブルが起きると原因究明や対応が難しいというデメリットにもなる。

 なお最近は、大企業などが自社内や関連会社だけで利用できるクラウド・コンピューティングを構築する動きもある。これを、プライベート・クラウドという。これに対して、従来のクラウド・コンピューティングをパブリック・クラウドと呼ぶこともある。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top