用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【バーン・プルーフ】

  • BURN-Proof

 CD-Rにデータを書き込むときに起こるエラーを防止する技術のひとつ。

 CDというのは、データの書き込み方に制約が多くて、フロッピーディスクにファイルをコピーするようなわけにはいかない。そのためCD-Rも、通常は専用の書き込みソフト(ライティングソフト)を使って、一気に途切れないようにデータを書き込む必要がある。

 ところが、パソコンの性能が低かったり、書き込んでいる最中に他の作業を行ったりすると、CD-Rに送られるデータが途切れて書き込みに失敗してしまうことがある。これを、バッファ・アンダーラン・エラーという。CD-Rは書き換えができないので、失敗したディスク(メディア)は二度と使えない。

 これを解決するために、バーン・プルーフ(BURN-Proof)という技術が開発された。専用部品を使って、データ送信が途切れそうになると書き込みを中断したり再開したりしてくれる。その結果、書き込みの失敗を防ぐことができる。

 このほかに、より精度を高めたジャストリンクという書き込みの失敗を防ぐ技術もある。古めのパソコンでCD-Rを使いたい人は、バーン・プルーフやジャストリンクに対応したCD-Rドライブを使う方が安心だ。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top