用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【バグ】

 プログラム上の間違い。実際のところ、ほとんどすべて、どんなソフトにもバグはある(と思っている方がいい)。ということは「欠陥商品を売っているのか!」と怒りの声が飛んできそうだけど、実際そのとおりだ。だから相性が悪いとかフリーズなんてことが起こる。

 もちろんソフトメーカーも何もしていないわけではない。開発段階で入念にバグを探してプログラムを修正している。この作業をデバッグという。発売前にベータ版を配布するのも、多くの人に使ってもらって事前に不具合を見つけるためだ。

 それでも発売後にバグが見つかった場合は、それを修正するためのプログラムを作って配布している。このプログラムを修正モジュールということもある。修正プログラムを使って、ソフトをより新しい状態にすることをアップデートという。

 修正プログラムは現在、主にソフトメーカーのウェブサイトで配布されている。かつては、パソコン専門誌の付録CD-ROMに収録されることが多かった。さらにその前は、ユーザーサポートに電話して有料でフロッピーディスクを送ってもらうといった方法もあった。

 かなり大きなバグでも、メーカーから連絡が来ることはまずない。自分で修正プログラムを入手して、自分でアップデートするのが基本だ。

 あとは、バージョンアップの際にバグが修正される。これをバグ・フィックスということもある。ところが、バージョンアップすると新しい機能が増えて、新しいバグが出ることもある。

 なお、バグ(bug)は英語で「虫」という意味。初期のコンピュータは真空管を使った大きな装置だった。そこに大量の虫が飛び込んで、コンピュータを故障させたことが語源とされている。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top