HOME > 用語解説辞典 > はの一覧 > バイオス

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【バイオス】

  • BIOS

 パソコンという機械が動くために必要な、最も基本的なソフトウェアの一種。Basic Input / Output System(ベーシック・インプット・アウトプット・システム)の略。

 もう少し具体的にいうと BIOS は、基本ソフトとキーボード、ディスプレイ、ハードディスクといった基本的な周辺機器との間でデータをやり取りするために必要なプログラムだ。

 BIOS は、パソコンの電源が入ると最初に動き出す。いわば、パソコンの本能のようなもの。そのため従来、BIOS は ROM という書き換えができない記憶装置に記録されていた。しかし最近は、新しい機能に対応させるために、BIOS を書き換えられるようになっていることが多い。

 周辺機器をコントロールするソフトには、ドライバーソフトというものもある。これは、あとから買い足した周辺機器などを使うために基本ソフトに追加するもの。BIOS とは異なる。

 BIOS という言葉は知られていても、普通のユーザーが BIOS を操作する機会は少ない。ただ「BIOS の設定を変えることで、パソコンの基本的な設定を変えられる」ことを覚えておくといい。

 BIOS の設定画面を呼び出すには、パソコンの電源を入れた直後に特定のキー(キーボード上のボタン)を押す。どのキーを押すかはパソコンによって異なる。

 なお、古めのパソコンに内蔵ハードディスクや内蔵型の光学ドライブを追加したり、拡張ボードを取り付けたりするとき、BIOSのアップデートが必要になることがある。この作業はやや面倒で、しかも失敗すると最悪の場合はパソコンが起動しなくなる。作業の意味を理解して慎重にやろう。

関連サービス
  • Biz-agora
  • WebARENA
  • Master'sONE
  • InfoSphere

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

このページのトップに戻る

 

別ウィンドウで開きます ・・・リンク先の外部サイトを別ウィンドウで開きます。

ページの先頭へ