用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ノート型ベアボーン】

  • ベアノート

 ベアボーンは、自作パソコンのベースとして半製品の状態で売られているパソコン本体のこと。

 デスクトップ型のウィンドウズパソコンの仕様は世界中で標準化されている。そのため、好きな部品を買い集めて自作パソコンを作ることができる。一方、ノートパソコンの場合は1台1台の形状が独自のため自作するのが難しかった。

 しかし、ここ数年で自作用に半製品化されたノートパソコンのベースモデルが増えてきた。これを、ノート型ベアボーンあるいはベアノートという。

 ベアノートも、一見すると普通のノートパソコンと同じように見える。キーボードや液晶ディスプレイなどが付いているためだ。内部にはマザーボードも入っている。

 しかし、ベアノートには CPU 、メモリー、ハードディスク、光学ドライブなどが入っていない。これらは予算とほしい性能に応じて別途購入し、自分で取り付ける。最近では、MXMスロットに対応したベアノートも登場している。この場合は、グラフィックボードを選んで取り付けたり交換したりできる見通し。

のの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top