用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ネットオークション】

 インターネットのホームページで人気が高まっているサービス。その名のとおり、インターネット上で行われるオークションのこと。

 従来、オークションというと、それなりに価値があるものが出品されて一般人は参加しにくいものだった。しかし、ネットオークションは誰でも気軽に参加できる。自分が落札するだけでなく、不要品などをオークションにかける(出品する)こともできる。

 参加したい人は、自分のパソコンでネットオークションのサイトを開き、品定めをして、欲しいものがあったら設定された期限までに落札価格を送ればいい。その後、最も高い値段を付けた人と出品した人が電子メールなどで連絡を取って品物や代金の受け渡しをする。

 現在のネットオークションは、どちらかというとインターネット上のフリーマーケットに近い感じがする。ただ、売る人と買う人が直接、顔を合わせないので問題が起きることもある。たとえば代金を振り込んだのに品物が送られてこないとか、高い値段で落札した人に連絡が取れなくなるとか。こうしたトラブルを避けるため、品物と代金の受け渡しを仲介するエスクローというサービスもある。

 ほかにも、ネットオークションには注意すべきことがある。評価システム、次点落札詐欺、吊り上げといった項目も参照してほしい。

ねの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top