用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ナムロック】

  • NumLock

 キーボードの右寄り、テンキーの一角にあるボタン(キー)。

 これが押されている(有効になっている)とテンキーから数字の入力ができる。普通は、パソコンの起動と同時に有効になるよう設定されている。

 これが無効になっているときは、テンキーをカーソルの移動に使うことができる。「8」「2」「4」「6」の数字ボタンには上下左右の矢印が書いてある。NumLockを無効にすると、この矢印どおりにカーソルが移動する。あるいは「1」(End)を押すと、文章などの最後にカーソルが移動する。

 もし、数字を入力したいのにカーソルの移動になっていたら、NumLockキーを押せばいい。有効になっているときは、キーボード上の対応するランプが点灯している(対応ランプがないキーボードもある)。

 もし最初から無効の状態で起動させたいと思ったら、パソコンが起動するときに BIOS の画面を呼び出すと設定を変えることができる。

 ノートパソコンの場合、普通はテンキーがない。しかし、たいてい NumLockキーは付いている。そして、これを押すと(機種によっては Shiftキーなどと一緒に押す)、「U」「I」「O」を「4」「5」「6」に、「J」「K」「L」を「1」「2」「3」に、「M」を「0」として使うことができる。斜めにズレるけど、数字をたくさん入力するときは便利だ。

 さて、NumLock の Num は何の略か。一般に Number(数字)とされていることもあるけど、Numeric(ニューメリック=数の、数値の)の略が正しい。英語では、テンキーのことをニューメリック・キーともいう。

なの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top