用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ドライアイ】

 パソコンなどを使うことで、眼球の表面が乾き、目が疲れたり痛くなったりする症状。

 目の表面は、いつも涙の膜で覆われている。まばたきによって、この涙の膜が作られる。しかし、パソコンの画面を見ているときは、まばたきの回数が減るといわれている。そのため目の表面が乾いて、涙の膜に穴があいた状態になる。

 その結果、眼球とまぶたがこすれ合って目が痛くなる。また、疲れたり重く感じたりするようになる。これらが典型的なドライアイの症状。

 対策としては、パソコンを使っているときは意識してまばたきの回数を増やす。パソコンの置き方やイスの高さを調整して、ディスプレイを見上げないようにする。見上げていると目を大きく開くので、それだけ乾きやすい。室内の湿度に気を使う。空気が乾いていると目も乾きやすい。そして、定期的に休憩すること。

 心配なら、眼医者へ行くと、検査してもらったり専門の眼薬を出してもらうこともできる。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top