用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【トリプルビュー液晶】

 右側から見た場合と、正面から見た場合と、左側から見た場合で、異なる画像を同時に表示できる液晶パネル。

 トリプルビュー液晶の前に、左右で違う画面が見えるデュアルビュー液晶というものがある。分かりやすい使用例としては、車を運転している人にはカーナビの地図が表示されていて、同じ画面を助手席の人が見るとテレビ画面が表示されるというもの。

 原理としては、液晶の前に視差バリアと呼ばれるスリット状のフィルターを置いて光を左右に分離している。

 この仕組みをさらに進めて、視差バリアを改良し、右、正面、左の3方向に分離できるようにしたのがトリプルビュー液晶だ。

 デュアルビュー液晶は、横方向の解像度が本来の液晶パネルの半分になっている。同様に、トリプルビュー液晶だと横方向の解像度が3分の1になる。そのため、細かい文字などは読みにくくなることがある。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top