用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デュアルコア・プロセッサ】

  • 2重コアCPU
  • デュアルコアCPU

 実際に計算などの処理を行なう部分を2つ持った CPU。どの言い方でも意味は同じ。

 パソコンの CPU は、ひとつの部品になっている。そして、1台のパソコンでひとつの CPU を使うのが一般的だ。サーバー用など、パソコンより大きなコンピュータでは1台に複数の CPU を使っているケースもあるけど、個人が使うパソコンで複数の CPU を搭載しているケースは少ない。

 さて、CPU はひとつの部品になっているけど、内部は情報を取り込む部分、実際に計算などの処理を行なう部分、計算結果などを一時的に保存しておく部分などに分かれている。そして、実際に計算などの処理を行なう部分をコアという。

 デュアルコアCPU は、ひとつの CPU の中に、このコアを2つ持っている。つまり、実際の計算などを行なう部分がふたつある。そのため、コアがひとつの CPU より処理速度が上がる。ただし、そのためにはソフトがデュアルコアに対応していないといけない。

 従来、パソコン用の CPU はクロック周波数を上げることで処理能力を高めてきた。しかし、2004年あたりからクロック周波数の上昇率が伸び悩むようになってきた。また、クロック周波数の上昇に伴う消費電力の増加や熱の発生も問題になってきた。そのため、2005年からコアを2つにすることで処理能力を高める方向に方針が変更されてきた。

 具体的なデュアルコアCPU としては、2005年4月にインテルからペンティアム・エクストリーム・エディション840 が発表されている。2005年5月にはペンティアムD も登場した。AMDからは、2005年5月にアスロン64 X2が発売されている。

 デュアルコアCPU よりさらにコアの数が多い CPU を、マルチコアCPU という。さらに、10個以上のコアをもつ CPU をメニーコアCPU という。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top