用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デジ一眼】

  • DSLR
  • SLR
  • デジイチ
  • 一眼レフ

 一眼レフは、カメラの形式を表す言葉。レンズ交換が可能で、フィルムカメラの時代から主にプロや上級者向けのカメラだったけど、最近はデジタルカメラでも一眼レフの製品が増えている。

 SLR は Single Lens Reflex の略で、一眼レフという意味。DSLR は、Digital Single Lens Reflex の略で、デジタル一眼レフのこと。デジタル一眼レフのことを、デジイチとかデジ一眼と略すこともある。

 一眼というのは、英語で言えばシングルレンズということだ。つまり、レンズがひとつのカメラを表している。今の一眼レフカメラのレンズは、複数のレンズを組み合わせて1本のレンズになっているのだけど、ここでは1本のレンズ=シングルレンズと考えてほしい。

 では、一眼ではないカメラがあるのかというと、クラシックカメラの中に二眼レフというのがある。縦長の本体に、上下ふたつのレンズがついたタイプだ。ただし今は、ほとんど使われていない。

 一眼レフの「レフ」は、英語のレフレックス(reflex)の略で「反射」といった意味だ。「レフ」が付くカメラは、本体に鏡が入っている。そして、レンズを通して入ってきた映像が鏡に映り、その映像をファインダーで見る仕組みになっている。

 鏡は、レンズとフィルムの間にある。そして、シャッターボタンを押すと鏡が上がり、シャッターが開いてフィルムに光が当たって写真が撮れる。デジタルカメラの場合は、フィルムの代りに CCD や CMOSセンサーに光が当たる。

 一眼レフカメラのいいところは、撮影する前に実際にレンズを通して入ってきた映像をファインダーで確認できること。そのため、ファインダーで見たとおりの写真が撮れる。

 一方、コンパクトカメラだと、ファインダーで見た映像と実際に撮れた写真が異なることがある。特に、近くのものを撮るとズレが大きい。また、レンズにフィルターを付けた場合も、コンパクトカメラだとその効果をファインダーで確認できない。

 なお今は、内部の鏡を省いて小型化した一眼カメラも普及している。これを、ミラーレス一眼という。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top