用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【テーブルゲーム】

 囲碁、将棋、マージャン、トランプ(カードゲーム)、花札、オセロ、チェスなど、卓上で遊ぶゲームの総称。パソコンの世界では、テーブルゲームがゲームソフトの一分野になっている。たとえば、ウィンドウズにも簡単なカードゲームのソフトが付属している。

 なにもパソコンで、こうしたゲームを楽しむこともないだろうと思うなかれ、いろいろな意味で意外にすごい。

 1997年に、IBMのコンピュータがチェスの世界チャンピオンを破って大きな話題になった。これは、人工知能の研究から発展してきた成果のひとつ。市販されている将棋ソフトにも、人工知能の研究成果を取り入れているものがある。

 こうしたゲームは、以前はソフト(プログラム)との対決だった。強さを選べるソフトもあるけど、それもプログラムされている範囲でのこと。しかし最近では、インターネットなどを通じて離れた場所にいる人と勝負できるネットワーク対戦ゲームが増えつつある。実際、インターネットを通じて参加できる雀荘もある。

 将棋やマージャンなどのゲームは、初心者が練習に使うのもいい。次の一手に時間をかけてもパソコンは文句をいわない。また、パソコンに抵抗感がある人が、こうしたゲームを通じてパソコンに慣れるという効用もある。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top