用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【チップセット】

 パソコンの中には、マザーボードというメインの基板が入っている。チップセットは、マザーボードの性能や特性を左右する重要な部品。

 といっても、普通にパソコンを使っている人が気にする必要はない。一方、自作パソコンを作ったり、パソコンの部品を付け替えて楽しんでいるような人には気になるパーツのひとつだ。

 本来、チップセットは、何個か集まって機能する半導体チップ(LSI など)という意味。つまり、「セット」になっている半導体「チップ」だ。

 しかしパソコンの世界でチップセットといえば、普通はマザーボードに載っている特定の部品のこと。この場合、2~3個の半導体チップの組み合わせになっていることが多い。そして、そのほとんどが[サウスブリッジ]と[ノースブリッジ]に分かれている。

 で、どんな役割をしているかというと、パソコン内の情報の交通整理をしていると考えるといい。

 パソコンの中では、CPU、メモリー、ハードディスク、光学ドライブ、拡張ボードなどの間を、頻繁にデータが行き来している。これらのデータをコントロールするのがチップセットの仕事だ。

 そしてチップセットの性能によって、そのパソコンでどんな部品が使えるか決まる。たとえば最新のメモリーを付けようと思っても、チップセットが対応していないと使えない。だから、ある意味、チップセットはパソコンの陰の支配者といえるかもしれない。

 なお最近は、スマートフォンの CPU として、複数のプロセッサーを統合した部品を使っていることが多い。そのため、こうした部品(CPU)をチップセットと呼ぶケースが増えている。

ちの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top