用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ダイヤルアップルーター】

 ISDN回線を使って、パソコンをインターネットに接続するとき使う機器のひとつ。

 もともとルーターという機器があって、これは複数のLANを相互接続するために使われている。ただし、一般のパソコンユーザーが触る機器ではない。しかし最近は、ダイヤルアップルーターやブロードバンドルーターという機器も普及していて、これらを「ルーター」と呼ぶこともある。これらは、一般のパソコンユーザーが自分で設定して使うことも多い。

 ISDNでインターネットに接続する場合、TAという機器を使うのが一般的だ。パソコンが1台ならTAでいい。しかし最近は、複数のパソコンを持っている人もいる。そうなると、どのパソコンからもインターネットに接続したくなる。

 そんなとき、ダイヤルアップルーターを使うと解決できる。プロバイダーとの契約(ユーザーID)がひとつでも、複数のパソコンから同時にホームページを見られるようになる。もちろん小規模オフィスでも有効だ。

 ただし、複数のパソコンからインターネットに接続するにはLANが組まれている必要がある。通常は、ダイヤルアップルーターにも10BASE-T対応のハブ機能があるので、パソコン数台ならそれで対応できる。もっと多くのパソコンを接続する場合は、ハブをカスケード接続する必要がある。なお、ダイヤルアップルーターを単にTAの代わりとして使うこともできる。

たの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top