用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ソフトウェア】

  • ソフト

 IT の世界では、コンピュータをはじめとする情報機器を動かすためのプログラムを一般に、ソフトウェアと呼んでいる。略して、ソフトということが多い。

 コンピュータ本体、ディスプレイ、キーボード、プリンタなどの周辺機器のことをハードウェアという。これに対して、形がなくて柔らかなものというニュアンスから「ソフト」ウェアと呼ばれるようになったとされている。

 ちなみに「ハードウェア」というのは本来「金物類」という意味で、「硬い道具」といったところだ。

 広い意味では、機械の操作手順や操作技術などに対してもソフトウェアという言葉を使うことがある。また、音楽ソフトやビデオソフトといった具合に、コンテンツを意味することもある。

 パソコン用のソフトウェアは、大きく基本ソフトとアプリケーションソフトに分類できる。主な基本ソフトとしては、ウィンドウズや OS X(マックOS)がある。アプリケーションソフトには、ワープロソフト、表計算ソフト、データベースソフト、グラフィックソフト、ゲームソフトなど、いろいろな種類がある。

 このほか、パソコンを使う上で便利な機能を追加してくれるユーティリティソフト、周辺機器を動かすために必要なドライバーソフトもある。また、パソコンの基本的な設定を記録している BIOS も、ソフトウェアの一種だ。

さらに、モデムやプリンタなどの周辺機器もプログラムが書き込まれた部品を内蔵していることが多く、これらのプログラム(ファームウェア)もソフトウェアの仲間といえる。

 また最近は、スマートフォンで使用する各種ソフトを一般に「アプリ」という。これは、アプリケーションソフトの略で、やはりソフトウェアの一種。

その一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top