用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スロット】

  • 拡張スロット

 スロットは、板状のものを差し込む場所。パソコンには、メモリーの基板(DIMMなど)を差し込むメモリースロット、拡張ボードを差し込む拡張スロットなどがある。

 一時は、CPU を差し込むためのスロットもあった。パソコンの中には、マザーボードというメインの基板があって、CPU もその上に取り付けられている。しかも取り外しや付け替えが可能だ。

 ほとんどの CPU は、「ソケット」と呼ばれる方式でマザーボードに取り付けられている。しかし、かつてペンティアムIIやセレロンといった CPU の中に板状のものがあって、これらの取り付け場所は「スロット」と呼ばれていた。詳しくは、スロット1のページで。

 拡張スロットも通常はマザーボードの上にあって、PCIバス、AGP、PCIエクスプレスなどの種類がある。ただしパソコンによっては、ライザーカードなど補助的な基板に拡張スロットが付いていることもある。

 このほか、CDドライブや DVDドライブの中には、細い穴へ直接、CD や DVD を差し込むタイプがある。これは、スロット式と呼ばれている。また、メモリーカードや PCカードなどを差し込む場所もスロットと呼ばれる。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top