用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スピーカー】

 いうまでもなく、スピーカーは音を出す装置。今のパソコンは、一見、スピーカーが付いてないように見えても、最低限のスピーカーは内蔵している。

 ただし、パソコンに内蔵しているスピーカーだと、あまり良い音が出ない。そのため個人向けのパソコンには、たいてい外付けスピーカーが附属している。

 しかし、それでも本格的なオーディオ装置と比べると、物足りなさを感じる人が多いだろう。これは、パソコンだから音が悪いのではなく、パソコンに附属しているスピーカーが、それなりの性能だから。

 今は、大きなパソコン店へ行くと、たくさんのパソコン用スピーカーを売っている。値段は、数千円から数万円といったところ。良いスピーカーを買ってパソコンに接続すれば、当然のこととして良い音が出る。ノートパソコンでDTMを楽しむことも十分に可能だ。

 さて、パソコン用として売られているスピーカーには、次の二つの特徴がある。

 まず、アンプを内蔵していること。逆に考えれば、パソコン用スピーカーは小型スピーカーに小型アンプを内蔵したものなので、本格的なオーディオ装置と比較するのは酷といえる。

 ただし高性能なパソコン用スピーカーの中には、専用アンプとスピーカーが分離した製品もある。特に、DVD再生などに対応した5.1chスピーカーは、なかなかのものだ。

 それと、パソコン用スピーカーには防磁処理が施されている。たとえば、フロッピーディスクは磁気に弱い。スピーカーには磁石が使われているので、この影響を受けないようにしてある。

 なお、パソコンのスピーカー端子から一般のオーディオ装置(アンプ)の LINE IN に接続して音を出すこともできる。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top