用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スケアウェア】

 スケア(scare)は、「怖がらせる」とか「おびえさせる」といった意味。そして、実際には何の機能もないのに、脅しの目的で作られたソフトウェアをスケアウェアという。

 典型的なのは、次のようなケース。

 ちょっと怪しげなウェブサイトを興味本位でのぞいてみた。すると急にポップアップ画面が開いて、パソコンの中を検索し始めた。やがて、「あなたのコンピュータにはスパイウェアとウイルスが存在します。今すぐ、この対策ソフトをインストールしてください」といった表示が出る。

 驚いて、画面上のボタンをクリックして対策ソフトを購入したくなる。だけど、これがまったくのウソ。あなたを慌てさせて、偽の対策ソフトの代金やクレジットカード番号を奪い取るのが目的だ。

 そして、このとき使われる偽の対策ソフトをスケアウェアと呼ぶ。しかも、スケアウェアには何の機能もない。ただ、検索しているような画面と「感染している」というウソの画面を表示するだけだ。

 怖いのは、普段から見ているサイトや有名サイトでも、こうした被害にあう可能性があること。そのサイトが不正な攻撃を受けていると、本来は安全なサイトにスケアウェアが仕掛けられていたり、犯人が用意した別のサイトへ勝手に移動されたりすることがある。

 いずれにしてもインターネット上で、いきなり「お金を払え」といわれたら、まず疑ってかかるほうがいい。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top