用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スクリーンリーダー】

  • 音声ブラウザー
  • 音声読み上げソフト

 表題の言葉の中で、最も一般的なのはスクリーンリーダーだろう。

 スクリーンリーダーは、パソコンの画面に表示されている文字や文書を合成音で読み上げるソフト。たとえばワープロの本文だけでなく、操作メニューの「ファイル」や「開く」といった文字もマウスを合わせると声でガイドしてくれる。そして、このようなソフトを「音声読み上げソフト」と呼ぶこともある。

 スクリーンリーダーの主な目的は、視覚障害者がパソコンを使うのを支援することだ。特に今のパソコンは、ほぼすべて GUI なので、視覚障害者には操作が難しい。しかし、パソコンが音声でガイドしてくれれば目が不自由でも操作が可能になる。

 音声ブラウザーというのは、ウェブサイトを見るためのブラウザーのなかで音声読み上げに対応しているもの。たとえば最近のサイトでは、写真にマウスカーソルを合わせると、その写真の説明文が表示されるケースが多い。音声ブラウザーなら、その文章を読み上げてくれるので、視覚障害者にも写真の内容が分かる。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top