用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スキャンディスク】

 ハードディスクを良い状態に保つための機能のひとつ。

 この機能は、最近のウィンドウズには標準装備されていて、「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」から起動できる。あるいは「マイコンピュータ」を開いてハードディスクのアイコンを右クリックし、プロパティの「ツール」面から呼び出すこともできる。この場合は「エラーチェック」が「スキャンディスク」になる。

 ハードディスクの中には、データを保存するための区画があって、この区画をクラスタと呼ぶ。スキャンディスクは、このクラスタに異常がないか、クラスタの中のデータが壊れていないか点検してくれる。そして異常があると自動的に修復してくれる(ただし、異常の程度による。必ずしも修復できるとは限らない)。

 スキャンディスクは定期的に行う方がいい。システムツールの中には、デフラグ(最適化)という機能も入っている。両方を同時に行うと、なおいい。ただし、スキャンディスクには時間がかかる。特に最近の大容量ハードディスクだと、数時間かかることが珍しくない。また、スクリーンセーバーを使っていると、いつまで経っても終わらない。スキャンディスクを開始する前に切っておこう。

 なお、マッキントッシュには、Disk First Aid という簡単なハードディスク検証・修復機能がある。しかし、あまり強力ではない。スキャンディスクやデフラグの機能を使うには市販ソフトを買う必要がある。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top