用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ジャンボフレーム】

 コンピュータ・ネットワーク(LAN)を組むときは、通常、イーサネットという方式を使う。そしてこのイーサネットでは、データを一定のサイズに小分けして送受信する。

 この、小分けされたデータをフレームといって、1フレームは1518バイトと決められている。しかし最近では、より大きなフレームサイズに対応できる機器が出てきた。これを、ジャンボフレームという。

 イーサネットのデータ転送速度は当初、10Mbpsだった。しかし、その後、100Mbpsが普及し、今では1000Mbpsも一般化しつつある。

 当初、データ転送速度があまり速くないころは、フレームサイズが1518バイトでも問題はなかった。しかし、データ転送速度が速くなると、送受信するデータ量に比べて相対的にフレームサイズが小さくなってきた。

 そこで、フレームサイズを大きくして効率的にデータを送受信できるようにしたのがジャンボフレームだ。機器によって異なるものの、おおむね1フレームが9000バイトから1万6000バイトくらいになる。

 ただし、ジャンボフレームを使うには、パソコンのLANアダプター(LANボード)やドライバーソフト、ハブなどのネットワーク機器がすべてジャンボフレームに対応していないといけない。どちらか一方が非対応だと、従来のフレームサイズで送受信される。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top