用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【シーピーユー】

  • CPU
  • MPU

 CPUは、どんなパソコンにも必ず入っているメインの部品。実際に計算などの処理を行っている、パソコンの頭脳。

 現在、ウィンドウズパソコンでは主にコア2デュオやコアi シリーズといったCPUが使われている。マッキントッシュは、以前はパワーPCというCPUが使われていたけど、今はウィンドウズパソコンと同様にインテル製の CPU を使っている。

 ほかにも以前は、MMXテクノロジ対応ペンティアムやペンティアムIII、ペンティアム4 など、いろいろな種類があった。インテル互換CPUというものもあった。それぞれ別のページで説明しているので必要に応じて見てほしい。

 同じ名前のCPUなら、製品名のあとについているクロック周波数という数字が大きいほど計算が速くて高性能ということになっている。

 CPUは、Central Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)の略。日本語で、「中央演算処理装置」ということもある。コンピュータの専門家は、単にプロセッサと呼ぶこともある。

 なお、新聞などでは MPU と書いていることもある。これは、Micro Processing Unit(マイクロ・プロセッシング・ユニット)の略。厳密にいうと CPU と MPU は違う。しかし、パソコンの場合は同じ意味と思っていい。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top