用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【シーディーアール】

  • CD-R
  • CD-R/RW
  • CD-RW

 CD-R は、一度だけ記録できる CD。CD-RW は、書き換えもできる CD。CD の説明は、CD または CD-ROM のページを見てほしい。

 音楽CD やパソコン用の CD-ROM は、記録してある情報を読み出すだけ。自分で作ったデータを記録することはできない。これに対して、記録できる CD として CD-R や CD-RW が開発された。

 CD-R の「R」は、レコーダブル(Recordable)の略で「記録できる」という意味。ディスクの大きさは CD-ROM と同じだけど、たいてい金色や銀色をしているので見分けがつく。記録容量は通常で 650MB、つまり CD-ROM と同じだ。

 CD-R にデータを記録するには、CD-Rドライブ(読み書き装置)が必要だ。記録したデータを読み出すのは普通の CD-R0Mドライブでもいい。つまりデータを渡すとき、相手が CD-Rドライブを持っていなくても大丈夫。

 CD-R は便利だけど、1度しか書き込めない。つまり上書き保存はできない。だから、間違って書き込んだデータを消したり修正したりすることはできない(読めなくすることはできる)。書き込み方法にもよるけど、容量が余っていれば追加で書き込むことはできる。このあたりは、ディスクアットワンスのページを見てほしい。

 当初、CD-R は主に、CD-ROM のテスト版の制作に使われていた。その後、データの保存や受け渡し、資料の配布などに広く使われるようになった。

 CD-RW の「RW」は、リライタブル(Rewritable)の略で「書き替えできる」といった意味。これはこれで、また専用のドライブ(読み書き装置)が必要だけど、ほとんど CD-R と兼用になっている。そして、通常これを CD-R/RW と表記している。データの記録には、CD-RW の専用メディア(ディスク)を使う。なお、CD-RW は普通の CD-ROMドライブでは読めない。

 なお、CD-R/RW にデータを記録することを一般に「焼く」という。

 また現在は、より容量の大きな DVD-R などに需要が移っている。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top