用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【シェアウェア】

 インターネットや、雑誌の付録CD-ROMなどを通じて配布されているソフトウェアの一種。このような方法で流通しているソフトには、主にフリーウェアとシェアウェアがある。

 フリーウェアは、作者や提供者に代金を払う必要がないソフト。

 これに対してシェアウェアは、試しに使ってみて「気に入ったから使い続けたい、という場合は多少のお金を払って」というもの。「自分には必要ない、使わない」という場合は、パソコンから削除(アンインストール)すれば代金を払わなくていい。使い続ける場合は、指定されている金額(普通は数百円から数千円)を作者に送る必要がある。

 フリーウェアもシェアウェアも、もともと個人が作ったものが多く、市販ソフトのように多機能なものは少ない。しかし、圧縮ソフトや電子メールソフト、エディタなどを中心に人気の高いソフトも少なくない。

 このほかに「代金はいらないけど電子メールでユーザー登録してほしい」といったソフトもある。これは、メールウェアと呼ばれる。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top