用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【サウンドボード】

  • サウンドカード

 カードでもボードでも意味は同じ。パソコンの中にある、音声を受け持つ専用の基板のこと。

 パソコンの中には、マザーボードというメインの基板があって、音の再生を担当する専用の半導体部品が取り付けられている。しかし機種によっては、半導体部品ではなく専用の拡張ボードを使っていることもある。この専用の拡張ボードを、サウンドカードという。

 ウィンドウズパソコンでは、かつてサウンドブラスターという製品が事実上の業界標準となっていた。ゲームソフトやマルチメディアソフトでも、動作環境として「サウンドブラスターまたは100%互換のサウンドカードが必要」となっていることが多かった。「100%互換」というのは「サウンドブラスターとまったく同じ機能を持つ」という意味だ。

 サウンドカードを取り付けると、パソコンの裏側に、マイク入力やスピーカー出力の端子ができる。当時は、MIDI装置やジョイスティックをつなぐコネクターもできた。

 デスクトップパソコンの場合、サウンド機能が物足りなかったら今でも、より高性能なサウンドカードを買ってきて取り付けたり、付け替えたりできることがある。ただし、自分のパソコンで、どのサウンドカードが使えるか事前に調べておく必要がある。

さの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top