用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コンテンツターゲット広告】

  • コンテンツ連動型広告

 ウェブページには、さまざまな広告が表示されている。ポータルサイトやニュースサイトはもちろん、アフィリエイト広告の普及で個人ホームページやブログにも広告が表示されるケースが多い。

 で、これらの広告はクリックされてナンボ。広告に関心を持った人が、広告をクリックして広告ページに飛び、そこでサービスへの入会や商品購入といったアクションを起こすことでビジネスになる。

 そのためには、ウェブページを見ている人が強く関心を惹かれるような広告を表示する必要がある。女性向けのウェブページに男性向け商品の広告を出してもクリックされる確率は低い。

 コンテンツターゲット広告とかコンテンツ連動型広告というのは、ウェブページの内容を分析して、その内容に合った広告を自動的に表示するしくみだ。ここでいうコンテンツとは、ウェブページの中身のこと。

 ウェブページの内容に合った広告を表示すればクリック率が向上し、ウェブページを提供しいる人にも、広告を出している人にもメリットになる。

 また、従来、アフィリエイト広告を利用する人は、自分のウェブページにどんな広告を出すか選定する必要があった。しかし、コンテンツ連動型広告になれば、自動的に最適な広告が表示されるので楽だ。

 なお、さらに進化した広告手法として、サイト閲覧者の行動を分析して最適な広告を表示する行動ターゲティング広告も普及しつつある。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top