用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【グリーンコンピューティング】

  • グリーンIT

 地球環境にやさしいIT(Information Technology)、環境保護に効果のあるIT、あるいは IT の活用による環境保護活動などを指す言葉。グリーンIT でも、グリーンコンピューティングでも、同じ意味と思っていい。

 コンピュータは、他の電気製品に比べたら消費電力が少ないほうだと思う。毎日、パソコンを起動したままにしておいても、月々の電気代はそんなに大きな負担にならない。しかし、その数が爆発的に増えているのと、24時間休みなく動いていることで、全体として見ると無視できないくらい多くの電力が使われるようになってきた。

 特に、個人所有のパソコンだけでなく、企業が使っているサーバーや通信設備などの維持に必要な電力が大きい。さらに、こうした設備から出る熱もすごいし、それを冷やすための冷房の電力も大変なものだ。

 そのため、消費電力や発熱量を減らす工夫を施したコンピュータ設備の必要性が提唱されるようになって、これをグリーンIT とかグリーンコンピューティングという。あるいは、そうしようという考え方や行動を指す場合もある。

 特に、データセンターと呼ばれる大型設備での取組みが注目されている。単に消費電力や廃熱を減らすだけでなく、排出された熱を有効利用する方法も考えられている。

 次に、コンピュータも工業製品なので、原材料の調達から製造、使用後の処分まで、何かと環境に影響を与える。そのため、設計・製造から廃棄まで、なるべく環境への負荷が少ない方法を考えようという動きもある。これも、グリーンIT の一部になる。

 さらに、コンピュータを活用して環境に対する影響を減らそうという考え方も、グリーンIT に含まれる。たとえば、コンピュータの利用を増やして紙の使用量を減らす、電子メールやテレビ電話を活用して出張を減らす、ITで物流を効率化して排気ガスを減らすといった例が考えられる。

くの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top