用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【グラフィック・アクセラレータ】

  • グラフィックボード
  • ビデオカード

 どの言い方でも、ほとんど意味は同じ。パソコンの画面表示を担当する専用の基板のこと。

 パソコンの中には、マザーボードというメインの基板があって、画面表示を担当する専用の半導体部品(ビデオチップ)が取り付けられている。しかし機種によっては、画像表示を担当する専用の拡張ボードが付けられていることもある。この拡張ボードをグラフィックボードという。

 かつて、ウィンドウズが普及しはじめたころ、それ以前とは比較にならないほど高い画面表示能力が必要になった。そのため、表示機能を高める(速める)部品という意味で、ウィンドウズ・アクセラレータと呼ばれた時期もある。

 当時、デスクトップパソコンの表示機能を高めたいと思ったら、より高性能なグラフィックボードを買ってきて自分で取り付けたり、付け替えられることが多かった。これによって、高い解像度でも表示の色数を増やせたり、ゲームや動画の動きがなめらかになるといった効果が得ることができた。

 こうした改造は、一部のデスクトップパソコンでは今でも可能だ。ただし自分のパソコンで、どのグラフィックボードが使えるか事前に調べておく必要がある。今は PCIエクスプレス対応の製品が多いけど、以前は AGP対応の製品が多かった。

くの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top