用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【キーロガー】

 キーボードからパソコンに入力した文字を記録するソフト。あるパソコンにキーロガーを仕込んでおいて、あとで記録を解析すると、どんな文字を入力したかわかる。

 キー操作のログ(記録)を取るものという意味で、キーロガー(key logger)という。

 普通の人が、このソフトを自分のパソコンにインストールして使うことは考えにくい。具体的な悪用例は、以下のようなものだ。

 インターネットカフェなどの不特定多数の人が利用するパソコンに、こっそりキーロガーを仕掛けておく。しばらくしたら、記録された文字情報を取りに行く。そして、それを解析するとインターネットカフェの利用者が入力した文字が分かる。その中から、電子メールアドレスやパスワード、クレジットカード番号などを探し、本人になりすまして悪用する。実際に、こうした犯罪が起きている。

 このほか、会社のパソコンにキーロガーを仕込んでおいて、仕事以外のことに使っていないか、会社の機密を外部に漏らすようなことをしていないか監視するために使うこともできる。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top